黄金は北方よりもたらされる

黄金は富。黄金は財。黄金とは、貴重なものの代名詞。大航海時代には胡椒一粒は黄金一粒などといったもの。ならば菓子で例えればどうか。フィナンシェだろうか。あれは金塊を模した形状だけか。では黄金糖か。あれはべっこうのような色味が似ているだけだ。それならば、やはりマルセイバターサンドだろうか。

f:id:nadegata226:20191214130816j:image

 

この黄金は、北方に浮かぶ島よりもたらされる。仕事がら常より諸国を旅し、また客人多く訪ねくる我が職場には、各地の産物が集まる。中でも格別の威容を誇り、格別の喜びをもって迎え入れられるのがこの黄金。小麦と乳のインゴット。

f:id:nadegata226:20191215150500j:image

 

かの島では、人よりも多くの牛が住むといい、その乳の美味なることは広く知れ渡る。幾許の乳を練り上げ、小麦菓子で挟んだこの黄金は、風味絶佳にして滋養豊潤。口中来福にして栄養満点。また過剰な熱量に溢れることでも名高い。一つ165kcal。

f:id:nadegata226:20191214130752j:image

 

美味であることもさることながら。この菓子は黄金であるからして、換金性がある。

f:id:nadegata226:20191214135856j:image

先日は職場に箱単位で大量の黄金が持ち込まれたことで、一つの経済圏が生まれた。みな、こぞって黄金を得るための取引を望んだ。平均的な相場としては、黄金ひとつで板チョコや缶コーヒーが購える。東京銘菓 ごまたまごなら、ふたつに相当する。

f:id:nadegata226:20191214165317j:image

 

鈍く光沢を湛えた赤い輝きは、賢人の目をも曇らせる。手に取ればずしりと確かな、そして甘美な重みが感じられ、いかなる堅物も弛緩させる。まさに現代の山吹色のお菓子。

f:id:nadegata226:20191215150630j:image

 

 

 

 

 

 

ただしいかに黄金といえど、価値は不変ではない。

f:id:nadegata226:20191214094051j:image

後生大事に出し惜しみすると、いつのまにか品質が劣化して市場価値が暴落することがある。購入後は冷暗所に保管し、お早めにお召し上がりください。

 

 

 

六花亭 マルセイラベルマスキングテープ
 

 

紅茶のしっぽ

今まで気にも留めなかったものが、ある日とつぜん気になりだすことがある。で、最近は紅茶のティーバッグの先にくっついてるしっぽのような、小さな紙切れが気になっている。

f:id:nadegata226:20191124204954j:image

 

コーヒーよりお茶派のわたくし。今まで飲んできたお茶類は数知れず、紅茶を飲むたびにしっぽちゃんの存在は認識していたが、カップの持ち手にくるくるっと巻きつけたあとは完全に意識の外にあった。

f:id:nadegata226:20191125180743j:image

 

しかしよく見るとひとつひとつデザインやカタチが凝っている。しかも切手サイズでついつい愛でたくなるような可憐さだ。

f:id:nadegata226:20191125180700j:image

 

ティーバッグそのものは個性がない分、タグにはほんの少しだけ遊び心を表現することができる。その控えめなかわいさに一度気づいてしまうと、もう無視なんてできない。むくむくと収集欲がもたげてくる。試しに二週間弱、このしっぽちゃんを意識的に集めてみた。会社では毎日お茶。喫茶店に入っても積極的に紅茶を頼み、ひとまずこれだけ集まった。

f:id:nadegata226:20191126222001j:image全員集合。

 

f:id:nadegata226:20191125205836j:image日東紅茶は王道のポット柄ですね。

f:id:nadegata226:20191125205840j:imageルピシアは小さめの正方形でクラシカル。

f:id:nadegata226:20191125201010j:imageなんの模様かと思ったら身もふたもない「茶」の羅列。

 

うんうん、みんな違ってみんないい。俺はこういうちまちました紙類にめっぽう弱いのだ。ところでこのしっぽちゃんは、ちまたではティータグ(tea tag)と呼ばれているらしい。高度に情報化された社会において、正式名称がわかることは重要な意味を持つ。さらなる情報を求めて検索ができるからだ。イエス、ググラビリティ。

f:id:nadegata226:20191125212324p:imagef:id:nadegata226:20191201102721p:image

ああ、やっぱり。この世はかわいいしっぽで溢れている!しかも趣味としてティータグ収集する界隈がそれなりに繁栄している模様。これは素敵な世界を見つけてしまったぞ。

 

さてこうなると、俺だって素敵なコレクションを作りたいし、誰も持ってないレアなしっぽちゃんを自慢したい。しかしお茶ってやつは、一箱買うとなかなか消費するのに時間がかかる。すでに職場にも自宅にも、中途半端に余った茶葉で溢れかえっており、そう気軽に新しいのを買える状況ではない。ああ、これまで無為にしっぽちゃんを捨ててきたことが非常に悔やまれる…。

 

ではどうするか。こういうときは自分で勝手につくってしまえばいいのです。

 

f:id:nadegata226:20191126213036j:imageこちらは頂き物のスリランカの紅茶。


f:id:nadegata226:20191126213047j:imageもともとこんな正統派しっぽがついてますが。

 

f:id:nadegata226:20191126213043j:image外箱から適当な箇所を探して、オリジナルしっぽに。


f:id:nadegata226:20191126213039j:imageで、切り抜いたのがこちらのおじさん。絶妙なサイズ感でしょ。糊でヒモをつけて完成。


f:id:nadegata226:20191126213032j:imageちなみにこちらのおじさん、一代で世界的紅茶ブランドのDilmahを築いた創業者であらせられるぞ。いわく人生の60年を紅茶に捧げてきたスゴイ人で、ある意味ブランド名なんかよりもよほどしっぽにふさわしい図柄だろう。おじさんの努力、ぼくは見てますよ。誠に勝手ながら、すこしいいことをした気分である。

 

次はウズベキスタンで買ってきたこの緑茶。

f:id:nadegata226:20191127213859j:imageカラバリの意味は分からないけど、ゆるいゾウさんがかわいくて全色買ってしまったの。

 

f:id:nadegata226:20191127213929j:imageちなみに箱の中身はティーバッグではなく茶葉タイプなので、オフィシャルなしっぽちゃんは存在しない。

 

f:id:nadegata226:20191127214505j:image外箱を展開して。さあどこを切り出してやろうか。

 

f:id:nadegata226:20191127214548j:imageやっぱりセンターの彼の存在感が際立ってるよね。

 

f:id:nadegata226:20191127214616j:imageはい最高。かなりレアものの雰囲気を漂わせている。実際、デザイン性を売りにしたティーバッグでは、ネコやウサギをかたどったタグも存在する。しっぽは必ずしも四角である必要はないのだ。もしこの会社がティーバッグの販売を開始するときは、ぜひこのデザインを検討してもらいたい。

 

 

さらにもう一つ、中東・オマーンで買った緑茶。

f:id:nadegata226:20191127223542j:imageエキゾチックで少し怪しげですが、ちゃんと緑茶です。

 

f:id:nadegata226:20191127223626j:imageここはやっぱり特徴的なアラビア文字をいかしたいところだよね。

 

f:id:nadegata226:20191127223738j:imageということで、こんなしっぽに。

 

f:id:nadegata226:20191127223907j:image実は外箱の裏地がこんな感じの模様なのでした。ブランドロゴが小紋柄のように並ぶ感じが、いかにもしっぽにありそうなデザインだったので。

 

最後に京都の老舗茶屋のほうじ茶。こんなかっこいい紙袋、中身が空いたからといって捨てるわけにはいかないでしょ。

f:id:nadegata226:20191128172016j:imageどこを切り抜くかって?

 

f:id:nadegata226:20191128172134j:imageまー、ここしかないよね。

 

f:id:nadegata226:20191128172158j:imageでかいけど。まー、でかいけど。でも許す。最高にかわいいから。しかもさっきまでほうじ茶が入っていただけあって、このしっぽちゃん、香ばしくていい匂いがするんです。

 

 

 

 

・・・

f:id:nadegata226:20191128172337j:imageかくして、寂しかったぼくのコレクションに、世界で一つだけの個性的なしっぽちゃんたちが加わったのでした。めでたしめでたし。

 

 

 

京都のお茶屋さん

京都でちょっといいお茶屋さんにいってきた。近々、海外の知人を訪ねるので、お土産のお買い物である。

 

きちんとした老舗のお茶屋さんに来たのはこれが初めてだ。このお茶屋さんのこともよく知らない。ただ、いい店だったのだ。賑やかな通りにあって入りやすい。古くてこじんまりとしている。年配のご主人は常に笑顔。格式のあるお店なのだとは思うのだけど「名店でござい」というニオイがしないのが特によかった。

 

とはいえそこは京都の老舗。雰囲気は抜群だ。俗な言い方をすれば、外国人観光客は大喜びだ。敷居を跨げば、ぴりりっと空気が変わる。カウンター越しに見える茶壺や木箱はふしぎな魔力を発している。柔和なご主人の説明を滔々と聞いていると、日常の些細な悩みは忘れてしまう。アマゾンプライムを解約し忘れてしまったこととか。

f:id:nadegata226:20191104222205j:image

買ったのは煎茶と焙じ茶で、おまけの茶筒を合わせても大した金額ではない。それでも始終、丁寧に対応してもらって、いたく感激した。本当に幸いなことに、いい店だったのだ。こういう専門店に行く場合、初めての店の印象は大切だ。いやな思いをしたり恥をかいたと思ったりしたら、その文化に触れるための扉はいったん閉ざされてしまう。ばたん。おかげで俺はお茶の専門店というものにまたいこうと思えたし、たぶんこの店が筆頭候補になるだろう。

 

15分ほどの買い物を終えて通りに戻ると、テレビの撮影をやっていた。三連休の賑やかな通りの中でも、ひときわ人が集まって団子状。そんな。あからさまな。と笑ってしまった。

キリル世界のゴミ、ぜんぶ持ち帰る

海外旅行好きの界隈において、旅の記録をどう残すかというのは議論の尽きない課題である。写真を撮るとか文章に残すとかさまざまな手法が考えられるが、一つのソリューションとして我が家には、旅行中に発生するアレコレの紙類を貼り付けているノートがある。

f:id:nadegata226:20191026153012j:image

https://dailyportalz.jp/kiji/gomi-note_saiko

(この記事は、デイリーポータルZの17周年を祝して開催中の、名作記事カバー企画に捧げるものです)

 

貼り付けてあるのはレシートとかバスのチケットとか瓶ビールのラベルとか。要するに旅行先の"ゴミ"でつくるスクラップブックである。

f:id:nadegata226:20191026152820j:image

たしかにこれらはゴミの寄せ集めには違いないのだが、それでも折に触れて見返してしまう不思議な魅力がある。たぶん、ここに貼ってあるものはぜんぶ、かつて旅先に実在していて、飛行機で一緒に帰ってきたリアルなモノだからだ。写真や文章で記録に残す行為はいかに上手でも、あくまで制作者のフィルターを通した二次的なもの。一方で現地から持ち帰ったゴミは確かにゴミでも、かつて旅の一部、旅そのものだったゴミなのだ。

f:id:nadegata226:20191027210859p:image

さて。このノートをバラバラめくっていて気づいたことがある。なんかやたらと存在感を放つゴミの一群があるのだ。それはロシアを中心とした、キリル文字の文化圏から持ち帰ってきたゴミたちである。

 

キリル文字の妖しい魅力

キリル文字というと「Д,Ж,Б」などよく顔文字に使われるアレである。中にはラテン文字(A,B,C...)に似た文字もあるが、読み方がまったく違う場合も多く、もはや暗号のようである。

f:id:nadegata226:20191027211911j:image

もちろん旅をする上では、厄介な存在である。田舎のトイレで切羽詰まっているときに、入り口に手書きで「М」「Ж」とだけ書いてありどっちが男性なんだと崩れ落ちたこともある。だが読めないからこその楽しみもある。限られた情報量のなかで嗅覚を研ぎ澄まし、窮地を乗り越えていくのは旅の醍醐味の一つだ。もちろんその結果として反対向きの電車に乗った経験は何度となくあるが。

f:id:nadegata226:20191027211935j:image

適度な不便さは、旅を楽しくすると俺は思っている。むしろこの読めそうで読めない感じが、自分の知らないパラレルワールドに迷い込んだようで、強烈な旅情を演出してくれる。かっこよくいえばキリル文字が、旅が面白くなる魔法をかけてくれるのだ。

f:id:nadegata226:20191026150403j:imageロシア・イルクーツク。よくあるヨーロッパの街並みなのに看板が読めない。左に曲がれば魔法学校とかあったりしないかな。

 

はるばるそんな地域から持ち帰ってきたゴミたちが、妖しい魅力を放つのは当然である。厳選したキリル世界のゴミをご紹介させていただこう。

 

 

旧共産圏、独特の書類文化

そもそもの話。キリル世界では他の地域よりも余計に紙ゴミをもらうことが多い気がする。例えばこの、悪名高いレギストラーツィア。

f:id:nadegata226:20191026142229p:image

外国人に対して滞在中にどこに泊まっていたのかを証明させる書類で、出国時にこれがないとたいへんなことになる(らしい)。旅行者に厳しかったソビエト時代の遺物らしく、最近はルールが緩和されているとも聞くが、一部旧ソ連圏には残る。

 

普通なら小さな紙切れで済むところが、やたらとかっちりした書類が発行されるというケースもよく見られる。

f:id:nadegata226:20191027005858j:image

古めかしい紙にいかついキリル文字。それだけで何か重要な許可証をもらったような気分になる。だがなんのことはない、ウズベキスタン・ブハラの博物館の領収書である。

 

f:id:nadegata226:20191027005917j:image

「道中で特別な便宜を図ってもらえるよう関係の諸官に宛てた親書」みたいな雰囲気を漂わせる、ロシア・ウラジオストクのタクシー支払い証明書。便宜どころか「よくわかんないからこのへんで」とへんなところで降ろされた。

 

それから、やたらとでかいハンコがいたるところに押されているのも、旧共産圏の書類文化を象徴しているようで面白い。

f:id:nadegata226:20191026143844j:image

ロシアのレギストラーツィア。

f:id:nadegata226:20191026155202j:image

モンゴル・ウランバートルのバス。

f:id:nadegata226:20191026155215j:image

ロシア・ハバロフスクのホテル。
f:id:nadegata226:20191026155218j:image

ロシア・ウラジオストクの封筒。

だいたいみんな「ッダーーーン!」と元気いっぱいにハンコを押してくれる。かっこいいハンコがあれば、紙ゴミの魅力は3割増だ。

 

さてここまでにすでにいろんな国名が出てきたことからわかるように、キリル文字の文化圏は意外と広い。源流はギリシャ文字だし、キリル発祥の地は東欧のブルガリアと言われている。キリル文字=ロシア語ではないのだ。まだまだ各国のユニークな紙ゴミは続く。

 

レトロでクールな市民の足

旅先ではタクシーも多用するが、機会があれば一度は公共交通を使うようにしている。乗車ルールが不明瞭で度胸がいるが、そのぶん乗り物に乗ること自体がアトラクションになるし、何より切符などの貴重な紙ゴミが手に入る。キリル世界では車両そのものもレトロでかっこいいが、乗り物系ゴミも趣があっていいぞ。

f:id:nadegata226:20191026105820j:image

ロシア・ハバロフスクのバスチケット。ぺらぺらのわら半紙にいかにも無機質な朱色の印刷。バスにはたいてい不機嫌な顔をした集金係が乗っている。乗車すると混み合うなかをぐいぐいと近づいてきて、きっちりと数十円の運賃を徴収して無表情で去っていく。べりっと無造作にちぎった跡が生々しく残るこのチケットは、その一連の文化を有形にする"一級品のゴミ"である。

 

f:id:nadegata226:20191026104620j:image

これはブルガリア・ソフィアを走るトラムのチケット。オールドファッションな雰囲気を残しながら、ロシアのバスにくらべて紙もしっかりしているし、洗練されている。ただその代わり、トラムそのものは期待を裏切らずボロい。

f:id:nadegata226:20191026113711j:image

重い雲、古いアパート、そしてボロいトラム。いわゆる"ソビエトみ"の強い写真である。

 

f:id:nadegata226:20191026135908j:image

一転して急にハイセンスなデザインのこちらは、ロシア・モスクワの地下鉄のチケット。しかもかなりしっかりした厚紙で、金がかかってそうなのに、なぜか使い捨て。おかげでこんなにかっこいいゴミがたくさん手に入ってうれしい。

f:id:nadegata226:20191027000528j:image

Suicaの上からパスケースにいれれば、日本の地下鉄でもロシア気分が味わえるお得なゴミだ。

f:id:nadegata226:20191026211329j:image

ウズベキスタンタシュケントの地下鉄はジェトンと呼ばれるプラスチックコインで入場する。ちなみにどちらの国でも地下鉄の構内は、歴史の厚みを感じさせる美しさだ。個人的に一押しの観光スポットである。

f:id:nadegata226:20191026143632j:image
f:id:nadegata226:20191026143635j:image

 

 

長距離移動のゴミはでかい

f:id:nadegata226:20191026115226p:image

キリル世界で憧れの乗り物No.1といえばご存知、世界最長を誇るロシアのシベリア鉄道である。eチケットながら、大判で情報量が多くて嬉しい。しかも英露併記なのでちゃんと意味もわかる。

f:id:nadegata226:20191026145516j:image
f:id:nadegata226:20191026145512j:image
f:id:nadegata226:20191026145509j:image移動時間が長いので、車内で何度も読み返した思い出深いゴミだ。モスクワから4泊5日、車内に缶詰で寝正月を過ごした記録はまたいつかまとめて記事にしたい。

 

f:id:nadegata226:20191026212303p:image

同様の長距離寝台列車旧ソ連各地に残っていて、ウズベキスタンではこんなチケットを手に入れた。日本にいると、たまに新幹線のチケットを手に取るとでかいなと感じるが、これはさらにその4倍くらいある。旅行中は邪魔くさいんだけど、旅の思い出としてはこのくらい大きいほうがありがたみがある。

 

f:id:nadegata226:20191026213820j:image

カザフスタンのアスタナ航空。ロシア系の航空会社でもそうなのだが、飛行機が着陸すると乗客たちが一斉に拍手する謎の習慣がある。やはり昔は結構な割合で堕ちていたとかいう背景があるのだろうか…。ちなみに機内や空港は撮影禁止のことが多く、記録のためにゴミを持ち帰る意義はことさら大きい。

 

 

ビールはローカル文化の象徴

むかしから、旅と酒は切っても切れない関係にある。酒は現地の習俗の映し鏡であり、酒場に行かずして訪ねた街を語ることはできない。なかでもビールはもっともワールドワイドなアルコール飲料である一方で、地域ごとの嗜好にあわせたローカル性も併せ持つ。国を知りたければ、その地のビールを飲み、そしてラベルを持ち帰るべきなのだ。

f:id:nadegata226:20191026223043j:image

キリル世界のNo.1ブランドはやはりロシアのバルチカ(左上)。シンプルながら力強さを感じるのは、やはり見慣れない文字のせいか。

f:id:nadegata226:20191026231803j:image

f:id:nadegata226:20191027012001j:image

総じて、味もラベルも質実剛健なビールという印象である。しかしロシアビール、よく見ると少し意外なことに、全体的にアルコール度数が低めだ。3.6%や4.0%なんて日本でなかなか見ない。「酒なんて酔えればいい、工業用アルコールを持ってこい」なイメージを勝手に抱いていたが、意外に繊細なのかもしれない。

f:id:nadegata226:20191026224217j:image

繊細といえば、ブルガリアのレトロかっこいいビールは、4.95%と度数がやたらと細かい。なんなんだ。どうしても5%超えたくないのか。それはさておきシビれるデザインである。こちらを拒絶するようなタイポグラフィの堅さと、いっさい媚びのない色遣い。一番下に小麦の図柄がなければ工業製品のラベルといっても通じそうだ。しかし実は、これでなかなかおいしいのだ。

f:id:nadegata226:20191026224705j:image

ゴミを持って帰れなかったのが残念だが、ウズベキスタンサマルカンドではなぜか10%くらいのハイアルコールビールが市場を席巻している。宿泊先で地元の人にぐいぐいと勧められてノックアウト寸前になった。ちなみにウズベキスタンではソ連時代を生きた年配者は酒を飲むが、独立後イスラム教に回帰して以降の若者はあまり酒を飲まないという世代間ギャップがあるらしい。

f:id:nadegata226:20191026225024j:image

余談ながら、ぜひ日本にも導入してほしいのがロシアのビール充填マシーン。好きな銘柄を選ぶと、店員さんがペットボトルに充填してくれる。当時、500円くらいで2リットル詰めてくれたような気がする。最高としか言いようがない。

 

たべものゴミは緊張感が増す

最後にまとめて食品関係のゴミ。旅先ではそもそも口に入るものにとにかく気を使うが、キリル文字は得もいわれぬ緊張感を演出してくれる。

 

f:id:nadegata226:20191027090049j:image

ロシア・モスクワ。安心のグローバルブランド「クノール」と、素性の知れないキリル文字の共演。結局キリルの不安さが勝ち、未開封のまま帰国、そのまま賞味期限を切らしてゴミになってしまった。ちなみに中身はかの有名なロシア料理、ボルシチ

 

f:id:nadegata226:20191027091331j:image

ブルガリア・ソフィア。牛だからミルクかな、甘いお菓子だなと思ったらやはりキャラメル。ゆるくてかわいいんだけど、レトロなフォントにわずかな緊張感が漂う。

 

f:id:nadegata226:20191027090812j:image

モンゴル・ハラホリン。文字が読めず写真もなく、缶詰で中身も見えないとなれば完全にギャンブル。中央の青い缶詰があまりにかっこいいのでジャケ買いしたのだが、空港で没収されてしまい幻のゴミに。欲しかったな、このラベル。


f:id:nadegata226:20191022125856j:image

別の意味で緊張感があるロシア・ハバロフスクのチョコレート。商品名はサハリン。甘いチョコレートにも、祖国愛である。

 

f:id:nadegata226:20191027085501j:image

ウズベキスタン・ブハラのお茶。ウズベキスタンでは緑茶が好まれ、とにかくたくさんお茶を飲む。象のイラストがゆるかわなのに、なんでこのキリルはこんなにアグレッシブなデザインなんだろう。ちなみにパッケージの95と110はなんの数字かなと思ったら「特に意味はない」とのことだった。

 

f:id:nadegata226:20191027132220j:image

モンゴル・ウランバートルのチョコレート。これはかわいい!5枚ください!と思ったのだが、よく見れば英語。なんともったいない。観光客向けということなのだろうけど、モンゴル文字キリル文字だったなら俺が10枚は買うのだが。

 

 

おまけ:かんたんキリル文字講座

いかがだっただろうか。ゴミの話しかしてないくせに恐縮であるが、キリル世界の魅力が少しでも伝わっていれば幸いである。

最後に超簡単なキリル文字講座*1を少しだけ。俺はキリル世界の言葉はしゃべれないし単語もほとんどしらないが、旅を重ねるうちに文字だけは覚えたのだ。例えば、キリル文字のなかにはラテン文字によく似た字形のやつらがいるが、

Н→N

Х→H

Р→R

С→S

И→I

У→U

という対応になっている。これだけ覚えておけば、НИСИ ХИРОСИ(西 浩志)さんは自分の名前をキリルで書くことができる。さらに、好きな古道具を聞かれればИсиусу(石臼)と答えることが可能だし、もし万が一、日本語のフレーズを一つ教えてくれと言われたら、Хунсуи ни сири(噴水に尻)と自信を持って書ける。

加えていくつか頻出の文字を覚えておけば、もうバッチリ。地名がなんとなく読めるようになるので、バスや電車の行き先がわかる。さらにресторан(レストラン)やаэропорт(アエロポルト、空港)といった単語が読めるようになり、ずいぶん旅を助けてくれる知識になる。

 

丸腰でキリル世界に飛び込むのもスリリングでいいが、多少なりとも手がかりがあると、パラレルワールドを読み解いていく楽しみはぐっと増えることだろう。

 

 

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン 未来を夢見るアート

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン 未来を夢見るアート

 
旅の指さし会話帳26 ロシア (旅の指さし会話帳シリーズ)

旅の指さし会話帳26 ロシア (旅の指さし会話帳シリーズ)

 

 

*1:言語によって微妙に使い方が違うらしいが、ひとまずロシア語の場合

屋久島のベストシーズンはいつなのか 後編

もしお時間が許せば、前編からどうぞ。

nadegata226.hatenadiary.jp

「暗闇の山中を、明かり一つで歩いた経験は?」

f:id:nadegata226:20191020102348j:image

真冬の午前五時。屋久島の山中。縄文杉へと続くトロッコ道。前を照らすのはヘッドライトの明かりのみ。出発地点には意外とたくさん人がいるなと思ったが、15分も自分のペースで歩けば、もう視界には誰もいない。暗い。寒い。怖い。暗い。むかし木材を運び出すために整備されたレールの上を歩く。足元の人工物だけが心の支えだ。

f:id:nadegata226:20191020102947j:image

ロッコ道は、小川を越える橋にもなっている。手すりはない。
f:id:nadegata226:20191020102943j:image

高いところはキライなんだよ。
f:id:nadegata226:20191020102939j:image

7時半ころ、ようやく空が明るくなる。同時に、平坦なトロッコ道が終わり、ここからは雪道を登る。

f:id:nadegata226:20191020104255j:image

簡易スパイクをはいて、ずんずん進む。f:id:nadegata226:20191020104300j:image

巨大切株の中から空を伺う。

f:id:nadegata226:20191020104307j:image

整備されてはいるが、なかなか急坂も多い。
f:id:nadegata226:20191020104251j:image

うお、かっこいい。夫婦杉。
f:id:nadegata226:20191020104318j:image

ついた。

f:id:nadegata226:20191020104311j:image

普段は混み合うであろう、縄文杉を見るためのウッドデッキ。先客はおじさんが一人だけ。いろんな角度から縄文杉を眺め放題。これはぜいたくな時間だ。

f:id:nadegata226:20191020105303j:image

見終わればさっさと帰る。縄文杉は往復10時間の行程だ。歩くのに飽きてきて、誰もいない道をざくざくざくと大股で歩く。
f:id:nadegata226:20191020105258j:image

シュゴー。エネルギー切れの体に甘いカフェオレが沁み渡る。

 

14時前にバス停につく。予定より一つ早いバスに乗って宿に帰る。おかあさんが料理の仕込みをするところをカウンターから眺める。オーブンがたまに蒸気を吹き出して、ブェー!!とへんな音を立てるのを笑って見ていた。

 

f:id:nadegata226:20191020105401j:image

お腹が減ったので、早目にご飯にしてもらう。相変わらず、品数が多い。他の宿泊客と、トレッキングの情報交換して、ハートランドを飲んだらすぐ眠くなった。

 

翌朝。
f:id:nadegata226:20191020105306j:image

さて、屋久島の名所はまだまだたくさんある。ヤクスギランドは隠れた名所と聞く。てごわいモッチョム岳に挑むという手もある。だけど今日はやめた。せっかく屋久島まで来てもったいないけど、何もしない。今日は大晦日なのだ。

f:id:nadegata226:20191020105409j:image

そのかわり、空港近くにある温泉まで2時間ほどゆっくり歩いていく。途中、幅の狭い川がいきなり海に注ぐような景色があって、島だなと思った。案の定、風呂は貸切状態だった。ヒノキの大きな露天風呂を独り占め。誰も入ってこない。ぬるめの湯が心地よく、たまに飛行機の発着音を聞きながら、1時間半くらいゆっくりとつかっていた。昨日、一昨日の疲れが抜けていく。

 

f:id:nadegata226:20191020105349j:image

昼飯は屋久島らしさとは無縁のカツ丼。

 

宿に戻り、居間でのんびりしていたら、スイスから来た人がおしゃれなものをくれた。体感的には、いまこの島にいる3人に1人は外国人。
f:id:nadegata226:20191020105337j:image

 

今日の夕飯も、もちろん宿で食べる。豪華だ…!

f:id:nadegata226:20191020105405j:image

「年末年始に旅行してるってことは、実家に帰らないんでしょ?一日早いけどおせち風に盛り付けといたから」とおかあさん。


f:id:nadegata226:20191020105353j:image

「さあさあ、今晩は特別に3種類の焼酎を開けるよ。飲み比べしてね」とおとうさん。それは、あなたが飲みたいんですね。ささやかな宴会が始まる。


f:id:nadegata226:20191020105323j:image

山で食べなかったチキンラーメンで、年越しそばにする。ほかの宿泊客たちは、町まで降りて、神社の奉納太鼓を見にいくらしい。誘ってもらったけど、いい心持ちでもう歩き回りたくはない。少し寂しいけど、おやすみ。よいお年を。

 

元旦。そして滞在最終日。
f:id:nadegata226:20191020105356j:image

あけましておめでとう。おとうさんの車で、宿泊客みんなで、港まで初日の出を見にいく。


f:id:nadegata226:20191020105345j:image

最後の朝飯まできっちりうまい。

 

 

屋久島に一度来た人はね、必ずまた帰ってきてしまうんだよ」と去り際におとうさん。そういうものなのだろうか。俺は考え込む。

 

 


f:id:nadegata226:20191020105332j:image

小さな空港で、愛想という概念を忘れてしまったおばさん相手にトビウオ丼を注文する。そしてまた考える。屋久島は素晴らしいところであった。滞在中は常に充実していたし、自信を持って人におすすめもできる。ただ何というか、俺はやりきった感がある。この島で何かを我慢をしたり、諦めたり。譲り合いをしたり、順番待ちをしたり。そういったことからとにかく無縁であった。一度屋久島に来た人がまた来たいと思う気持ちは、少なからず満たされなさからくるものではないだろうか。その点俺は、何かをやり残したという感じがまるでしない。もちろん本当にいい季節の屋久島をいつか見てみたいという気持ちはあるけど。

 

ガイドブックによれば、屋久島は世界屈指の自然遺産の島。春は新緑がまぶしい。夏は海や川でも遊べる。秋は紅葉。あと冬は、あんまり人がいなくてちょっとぜいたくな気分です。

 

 

 

 

 

おとうさんおかあさんの宿はこちら。

yakushima-taguchi.jp

 

るるぶ屋久島 奄美 種子島'20 (るるぶ情報版地域)

るるぶ屋久島 奄美 種子島'20 (るるぶ情報版地域)

 
屋久島ブック2016

屋久島ブック2016

 

 

 

屋久島のベストシーズンはいつなのか 前編

師走。あと数日で新年を迎えようかというくらいの年の暮れ。俺は港にいた。

f:id:nadegata226:20191019100339j:image

たぶんあの船のうちのどれかに乗って、俺はこれから屋久島にいくのだ。

 

待合所にアナウンスがかかる。今日は波が高く出航が遅れている。という。

 

屋久島は鹿児島市から2時間弱の距離だけど、外洋に出るため海が荒れやすく、船の遅延・欠航は日常茶飯事らしい。

f:id:nadegata226:20191019100236j:image

手持ち無沙汰で、手元のガイドブックをめくる。曰く、屋久島は世界屈指の自然遺産の島である。ベストシーズンは新緑のまぶしい春。だが夏は、海や川も楽しめて屋久島の自然をフルで味わえてお得。もともと雨の多い屋久島にあって晴天率が最も高く、紅葉も楽しめる秋も捨てがたい。なるほど、なるほど。それで、冬は。冬はどうなんだ。この年の瀬にしか休みの取れなかった悲しい勤め人は、どのように屋久島を楽しめばよいのだ。

 

というかそもそも、もしこのまま船が出なかったら市内で泊まるところを探さなければ。島の宿にもキャンセルをいれないと。それなら明日の朝の船も予約して…とぼやぼや考えているうちに、ぴんぽんぱんぽん。出航だ。錨を上げて、帆を立てろ。

f:id:nadegata226:20191019155315j:image

高い波を切り裂いて、船はびゅんびゅん滑る。ジェットフォイルというやつだ。時速80kmで海面を飛ぶのだ。海面を高速道路並みのスピードで走るのだ。これはなかなか他では味わえない、爽快な乗り物である。しかし俺は船に弱いので、目を瞑りじっと座していた。

f:id:nadegata226:20191019102319j:image

到着。鈍色の空と、ボツボツと粒の大きい雨に迎えられる。屋久島は市内よりも心なしか暖かい気がする。少なくとも本州よりは確実に暖かい。

 

この日は宿に直行。宿は大事である。何せ年末年始をそこで迎えることになるのだから。町の中心部から少し離れているけど、新しくてこじんまりしていて、個室のあるところにした。

f:id:nadegata226:20191019134343j:image

海沿いの坂道をぐんぐんと登る。あれだ、見えてきた。東京から移住してきたというご夫婦がオーナーだ。二人揃って出迎えてくれる。おとうさんはよくしゃべる、サービス精神の塊みたいなひと。おかあさんは江戸っ子らしくチャキチャキしてるけど、言葉の一つ一つが優しいひと。

 

この日は疲れたので町には出ず、宿の夕食をいただく。

f:id:nadegata226:20191019145945j:image
f:id:nadegata226:20191019135042j:image
f:id:nadegata226:20191019135030j:image
f:id:nadegata226:20191019135027j:image
f:id:nadegata226:20191019135045j:image

うひゃあ、うまい。名物のさば節を使った和え物から、地魚の刺身に焼き物、裏庭の原木からとったしいたけなど。怒涛のご馳走だ。おかあさん、料理上手ですね。

 

「ビールもいいけど、せっかくの屋久島だからね」と。
f:id:nadegata226:20191019135034j:image

おとうさんからのサービス。「三岳は日本中で買えるけど、お湯割りが飲めるのは屋久島だけ。なぜなら屋久島の水が一番合うから」。うんちくを語るおとうさん。「サービス、サービス!」と結局、3杯もいただいてしまった。明日は早朝から山に登るのでこのあたりで失礼させてもらった。部屋も静かで清潔で、ころんと寝入った。

 

 

翌朝。

f:id:nadegata226:20191019142615j:image

おかあさんのつくったお弁当をもって山に入る。標高が上がれば雪が積もる場所もあるらしい。簡易スパイクをはく。

f:id:nadegata226:20191019151210j:image

白谷雲水峡。
f:id:nadegata226:20191019151214j:image

道は整備されていて歩きやすい。

f:id:nadegata226:20191019151137j:image

もののけ姫の作画の参考にされたとされる森。

f:id:nadegata226:20191019151629j:image

ジブリが人気のアジア各国からの観光客も多い。

f:id:nadegata226:20191019152302j:image

ハイシーズンには渋滞ができるほどというが、今なら自分のペースでぐんぐん進める。

f:id:nadegata226:20191019151805j:image

あたりが一望できる人気のスポットも、独り占め。こんなにゆっくり写真が撮れることはないようだ。

f:id:nadegata226:20191019151759j:image

屋久島のシンボルといえば縄文杉に違いはないが、辿り着くまでの行程を考えるとそう安易にはおすすめできるものではない。そこいくと白谷雲水峡はアクセス至便。行程ゆるやか。見どころ満載。この写真の弥生杉なんて、バス停からものの15分で拝めるのにたいへん立派なものである。

 

下山すると、おとうさんが近くまで迎えに来てくれるという。「早かったね、さすが若者!せっかくだから、暇なら島をぐるっと車で回ってみる?」親切な申し出に乗っからせてもらう。

f:id:nadegata226:20191019161256j:image

海亀が産卵する海岸(雨)
f:id:nadegata226:20191019161314j:image

灯台から眺める入江(雨)
f:id:nadegata226:20191019161301j:image

屋久シカ(曇り)
f:id:nadegata226:20191019161323j:image

滝(小雨)
f:id:nadegata226:20191019161318j:image

高台からの眺め(晴れ)

 

島をぐるっと1時間半、ガイド付きの豪華な周遊ツアーだった。相変わらず天気が悪いことを除けば最高にぜいたくな時間だ。夕飯は町で食べてみたかったので、途中で車から降ろしてもらう。おとうさんは頼まれてもいないのに、別のトレッキング帰りの宿泊客の様子を見にいくらしい。きっと生来の世話焼きなのだ。

 

さてこの日の夕飯は、島一番の居酒屋ともいわれる「若大将」である。ここの主な特徴としては、若大将が西郷さんに激似である。もうヤケクソにそっくりである。鹿児島に住む人間が西郷さんに似ているというのは、ネタとしてはベタすぎるし、本人はどう思っているのだろう。「似てますね!」と1万回くらいは言われているだろうから、触れないほうがいいのか。いやいや、ここはちゃんと似てますねと伝えるのが観光客としての正しい振る舞いだろうか。正解が見出せぬうちに料理がくる。

f:id:nadegata226:20191019164138j:image
f:id:nadegata226:20191019164143j:image
f:id:nadegata226:20191019164132j:image
f:id:nadegata226:20191019164128j:image

魚がとにかく全部うまい。写真4枚目のお茶漬けなんか、これまたヤケクソのように刺身がてんこ盛りでおかしい。名物の「首折れサバ」が不漁だったことだけが心残りである。

 

死ぬほど腹がいっぱいで、ふらふらしながら宿へと歩いて帰る。風呂から上がると、おかあさんがお茶を入れてくれた。ありがとうおかあさん。おとうさんも、今日は車でいろいろ連れて行ってくれてありがとうね。「僕はこの島を愛しているからね、屋久島にきてくれる人には、可能な限り島のいいところを伝えたいんだよ」。それにしたって、親切心にも限度というものがあると思うが、それもこれも、人の少ない閑散期に来たからこその幸運なのだろう。

 

 

後半へ続きます。

 

 

るるぶ屋久島 奄美 種子島'20 (るるぶ情報版地域)

るるぶ屋久島 奄美 種子島'20 (るるぶ情報版地域)

 
屋久島ブック2016

屋久島ブック2016

 

 

ちょっとビール買ってくるわ、アメリカで

アメリカのクラフトビールが大好きである。したがって渡米したときはいつも、しこたまビールを飲んでしまう。たとえ時差がつらくても。帰りのフライトが早朝便でも。自分を追い込むように、必要以上に飲んでしまうのだ。しかし当然ながら、滞在中に飲めるビールの量には限りがある。そこで先日アメリカを訪れた際、俺はこの愛しいビールたちを日本に連れ帰ることにした。

え、お酒って海外から持ち帰れるの?と疑問を持つ人もあろう。なに、簡単なことである。スーツケースを開ける。ビールを入れる。スーツケースを閉める。ほらね。キリンを冷蔵庫に入れるようにシンプルだろう。

f:id:nadegata226:20191005103847j:image

 

 

すごいぜアメリカのクラフトビール

ビールをスーツケースに詰めるためには、ビールを買わなければ話にならない。まずはスーパーマーケットへ。どんなスーパーでもよいのだが、大規模な店舗であればなおよし。下の写真のように、きっと素晴らしい景色が拝めることだろう。

f:id:nadegata226:20191005105353j:image

壁一面のビールという絶景。この30mほどのショーケースのうち、ざっと8割がいわゆるクラフトビールである。圧倒的、というかもはや暴力的な品揃えだ。

 

アメリカのビールといえば、バドワイザーを抜きには語れない。単純に世界一の生産量を誇るビールであり、マクドナルドやコカコーラと並んでアメリカを象徴するメガブランドの一つである。しかし同時に、アメリカは個性豊かなクラフトビールの一大市場でもある。なんと全米ビール市場のうち、クラフトビールは金額ベースで24%を占め、その額は276億ドル(約3兆円!)にのぼる。単純比較はできないが、日本のビール大手5社の売上合計、3.3兆円に匹敵すると考えるといかに規模が大きいかわかる。

クラフトビールの存在感は数字の上だけでの話ではない。バーやレストランはほぼ間違いなく地元のビールを揃えているし、スーパーで地元のビールを買うとレジで「いいの選んだね、これは最高だよ!」とかやたらと嬉しそうに話しかけてくる。反対に近隣の州のビールを買うと「あら、こんなビール初めて見たわね」みたいな嫌味を言われたりもする(もちろん冗談ぽく)。

日本でも何度かのブームを経て、ずいぶん身近な存在となったクラフトビール。だが地域への深い愛情をもつアメリカの場合はもはやブームなどではなく、生活にしっかり根付いた文化と呼べる域まで達しているのだ。

f:id:nadegata226:20191005125608j:image

スーパーの陳列棚もやたらと"LOCAL"推し。

 

 

ビールたちの過剰な主張

さて種類が多いのは喜ばしいのだが、これだけの品揃えから選ぶとなると大仕事である。とりあえず一本ずつ買って、できるだけたくさんの種類を揃えたい気もするが、ビールの小売は6缶セットが基本なのだ(バラ売りも一応ある)。

f:id:nadegata226:20191005231438j:image

こんな風にキャップ付きか、箱入りになっている。スーツケースの空きスペースを考えると、これは厳選しなければならないぞ。

 

しかし改めてショーケースを眺めると、どれもデザインが凝っている。原色と派手なイラストが乱れ咲き、「俺だ!俺を買え!」という強い主張を感じる。

f:id:nadegata226:20191006102227j:image
f:id:nadegata226:20191006102224j:image
f:id:nadegata226:20191006102234j:image

アメコミ風にパンク風。愛国心を煽るものも。なるほどこれだけ競争が激しいと、まずは缶のデザインで目立っていかないと勝ち残れないのかもしれない。俺もいくつかジャケ買いをしつつ、好きなスタイルや製法のユニークさなどを考慮して、以下の通りお買い上げとなった。

f:id:nadegata226:20191006093320j:image

 

 

スーツケースにときめきを詰めて

さあいよいよ、35リットルの小型スーツケースに詰めていく。旅先において、スーツケースとは小さな自分の家である。必要な衣類や下着、衛生用品、緊急用の薬、各種電子機器に電源ケーブルなど、少しでも自宅と同じように安全かつ快適に過ごすための道具を、最小限にまとめたのがスーツケースなのだ。ではこのスーツケースの空間を最大限生かすにはどうするか。ここはもちろん、米国人をも唸らせた、こんまりメソッドである。

今回、俺は人のカネで渡米している。平たく言えば出張というやつで、往路のスーツケースには先方への手土産や、相手方に渡す資料、サンプルなどのビジネスライクなグッズがぎっしり入っていた。これらはこんまり先生のいうところの、まったくときめかないものであるので、出張の道中でさよならしてきた。さらに旅人御用達のテクニック、「古い下着捨てて帰る作戦」で大量のときめかないものとお別れだ。よし、スペースできた!

f:id:nadegata226:20191006110756j:image

ではまず、緩衝材を敷き詰める。なぜこんなものがあるのかというと、普通に俺が日本から持ってきたからだ。

f:id:nadegata226:20191006113934j:image

続いてときめきを並べていく。一つ一つ、丁寧に。やはり片側では収まらなかったか…。今晩のうちに少し飲んでしまおう。今回は持参するのを忘れてしまったが、大きなゴミ袋を使うのもよい。缶をゴミ袋の中にすっぽり被せてからスーツケースに収めれば、万一の流出事故でも被害を多少軽減してくれる。

それから大事なのは、とにかく隙間を埋めること。まずは柔らかい箱などで大きなスペースを潰す。

f:id:nadegata226:20191006113357j:image

ついで、丸めた靴下やお土産のお菓子などでさらに小さな隙間をぎゅうぎゅう詰めて、固定する。

f:id:nadegata226:20191006111522j:image

最後にシャツなどの大きめの衣類で全面をカバーする。お見苦しい洗濯物で申し訳ない。

以上、世界一ときめくスーツケースのパッキングが完了である。ときめき総量がインクレディブルな感じになってしまった。とても出張帰りのかばんとは思えない。あとは中身の無事を祈って持ち帰るのみ。

 

俺はうまいビールを手に入れ、納税者になる

国をまたいで酒を持ち込むというのは、ほぼ世界中で何かしら制限のかかる行為である。であるからして、こうして記事にまとめる以上、とにかくリーガルにいきたい。その上で関門は2つある。

 

①まずは出国時の機内持ち込み。

当然のことながら、液体なので預け入れ荷物となる。ここで航空会社の重量制限をパスしなければならないのは言うまでもない。小さなスーツケースにしては異例の重さだが、ここは問題なくクリア。ただ実はもう一つ懸念があった。それはアメリカにおける航空機へのアルコール持ち込み量制限である。*1

米国政府出版局によれば、要するにアルコール24%を超える酒類には量の制限があるのだが、24%以下に関しては量に関する記載がない。ビールはもちろん24%に満たないわけだが、これは無制限ということでいいのか…?わざわざ確認してやぶ蛇になるのも嫌だ。だがあとからCIAに付け狙われるのはもっと嫌なので、思い切って空港のカウンターで確認してみた。

「この荷物、ビール入ってるんだけど」

「ああん?ビールだって!?これ全部か!?」

「(このおじさん怖…)重量の半分くらいかな」

「どこのだ!?」

「ほぼテキサス(出国する空港がある)です」

「Wow!!!あんたクレージーだな、最高!わはは」

ということで、無事にパスした。(したのか…?)

 

②続いて入国時の税関申告。

免税範囲を超えて酒類を日本に持ち込むということは、輸入と同じなので、自分で酒税を払わなければならない。機内で配られる黄色の税関申告書。これに持ち込み内容を記入する。

f:id:nadegata226:20191006233622g:image
表面の「免税範囲を超える購入品・お土産品・贈答品など」にチェック。裏面には詳細な本数や量を記入。

荷物をピックアップしたところにある税関申告で、用紙を提出する。

「このスーツケースにビール入ってます」

「はいはい、酒類の持ち込みね…多くない!?」

とここでもアメリカと同じやりとりがある。電卓でかちゃかちゃと計算し、書類を渡してくれる。これをすぐ近くにある銀行窓口に持っていき、現金を支払うだけ。簡単なものである。ポイントはとにかく申告は正直に、ということに尽きる。そもそも2リットル少々までは免税範囲だし、それを超えても1リットルあたりたった200円なのだから。

f:id:nadegata226:20191006124238j:image

よし、納税完了。しかし消費税以外で直接税金を払う機会なんて無いから新鮮だ。これが意外と、どうしてなかなかいい気分である。みんな見てくれ、俺は納税者さまだぞ。うまいビールを手に入れたうえ、酒税が払えるなんて最高じゃないか。

 

 

ようこそ我が家へ

自宅に着いて、スーツケースを開ける。流出事故は…なし!完璧な状態でビールを持ち帰ることに成功した。早速、冷蔵庫に収納してみる。

f:id:nadegata226:20191006125945j:image

これはいい眺めである。アメリカからきたスター軍団のビールが、我が家の冷蔵庫を埋め尽くしている。出発前から自宅にいた、第3のビール(本麒麟)はちょっと所在なさげだ。ごめんね、君の普段の働きにはとても感謝しているよ。

 

 

・・・

いかがだっただろうか、アメリカからビールを買ってくる方法。本当に身も蓋もなく、スーツケースに入れるだけなのだけど。最後に今回買ってきた中で、ひときわユニークなビールたちを紹介したい。アメリカのクラフトビール、派手なのは外観だけではない。生き残りをめざす中で、味の方向性もどんどん先鋭化された、クレイジーなやつらだ。以下、厳選した4本である。

 

f:id:nadegata226:20191006171756j:image

こちらはウィートと呼ばれるタイプのビール。小麦を使ったビールというのは優しくて甘くてまろやかな風味が多いのだけど、まずゴリゴリに味が強い。パンかビスケットを食ってんのかというくらい小麦が強い。そしてそこにオレンジ風味が効いている。アクセントとかではなく、小麦風味と真っ向から殴り合うかのようにオレンジが効いている。ようするにめちゃくちゃ濃い。そしてうまい。

 

f:id:nadegata226:20191006172523j:image

これはサワーと呼ばれるタイプ。サワーの主な特徴としては、死ぬほどすっぱい。ただギンギンにすっぱい中で、副原料のラズベリーがちゃんと生きている。ラズベリー風味というのは何か。酸味である。酸味に酸味をぶつける。酸味天国、あるいは地獄。うまいのか?それは俺にはよくわからない。

 

f:id:nadegata226:20191006195748j:image

これはゴールデンエール、俺の大好きなタイプ。ゴールデンエールにはあっさりライトと、どっしり重たいのがあるが、これは前者。しかしこいつの場合は、なぜかそこにバニラフレーバーが加わっている。味はなんというか、未知。もう飲んだのに、今も未知。人類にはすこし早かったのかもしれない。

 

f:id:nadegata226:20191006200428j:image

これはベルジャントリペル呼ばれるタイプ。ベルジャンというタイプ自体は優しい甘みで大好きなのだが、トリペルとつくと急にアルコール度数が暴力的になる。これも10%を超えているので一発でべろべろに酔う。ノックアウトされる。ただうまい、ものすごく濃くてうまいぞ。いや、ホントに飲んだっけな。記憶が曖昧だな。

 

 

クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業

クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業

 

 

 

*1:https://www.ecfr.gov/cgi-bin/retrieveECFR?gp=1&SID=bba5ad06518b529c94e1d67a3270196b&h=L&mc=true&n=pt49.2.175&r=PART&ty=HTML 

(i) Not more than 24% alcohol by volume; or

(ii) More than 24% and not more than 70% alcohol by volume when in unopened retail packagings not exceeding 5 liters (1.3 gallons) carried in carry-on or checked baggage, with a total net quantity per person of 5 liters (1.3) gallons for such beverages.